小平・西東京、東久留米・小金井・国分寺・東村山の税理士相談を承ります

小平の税理士に相談するならーはざま会計事務所ー
小平・西東京、東久留米・小金井・国分寺・東村山の税理士相談を承ります

相続・贈与・譲渡・顧問税理士・会社設立

国分寺市の相続・贈与相談

購入価格1億円の高層マンションを相続した場合の相続税は?

購入価格1億円の高層マンションを相続した場合の相続税は?

相談内容

相続相談の男性購入価格1億円の高層マンションに住んでいた父親が無くなりました。配偶者、子供3人で相続した場合の相続税は大体どのくらいになるのでしょうか?

回答

税理士 間誠購入時の実勢価額1億円とすると、いわゆる高層マンションと呼ばれるものは、一般的には地上20階以上の建物のことを言いますが、相続税のマンションの評価額の計算は、土地(敷地全体を各所有者の居住部分(敷地権割合と呼ばれるものです)については、都市部においては路線価を基に算出します。

また、建物(家屋部分)については、固定資産税評価額で評価します。
これは低層階でも高層階でも同じ計算方法です。
(“タワマン節税”と言われる所以ですね)

購入時が1億円とすると、その時点でその30%~50%が相続税評価額となります。

-国分寺市の相続・贈与相談

© 2021 小平市の税理士に相続税申告を相談するならーはざま会計事務所