小平・西東京、東久留米・小金井・国分寺・東村山の税理士相談を承ります

小平の税理士に相談するならーはざま会計事務所ー
小平・西東京、東久留米・小金井・国分寺・東村山の税理士相談を承ります

相続・贈与・譲渡・顧問税理士・会社設立

相続税対策に関するご質問

生命保険には加入しておくべきか

Q. 相続税がかなりかかると言われています。生命保険には加入していませんが加入しておくべきでしょうか?

はざま誠イラストA. 相続税がかかる方であれば、生命保険の非課税枠を上手に活用することで相続税を軽減させることができます。

生命保険は、①相続税の節税②納税資金の準備③遺産分割の調整に活用できます。

生命保険の非課税枠は、<500万円×法定相続人の数>です

具体例を見てみましょう。

相続人が妻と子供3人の計4人だった場合、現状の財産が3億円だとすると、予想される相続税は2,000万円です。(相続人が法定相続分通りに相続した場合の概算)。

この方が生前に非課税枠2,000万円(500万円×4人)一杯で生命保険に加入し、保険料も2,000万円支払っていた場合を想定してみます。

相続財産は支払った保険料分だけ減りますので2億8,000万円、また、遺族が受取る死亡保険金2,000万円には税金が一切かかりませんので、結局財産総額は3億円のままです。

相続税は2億8,000万円に対してかかりますから、生命保険未加入の場合と比べると得ということです。

実際は、死亡保険金額2,000万円の保険に加入する場合でも保険料はもっと少額で済むケースが大半ですから、更にメリットは大きくなると考えられます。

-相続税対策に関するご質問

© 2021 小平市の税理士に相続税申告を相談するならーはざま会計事務所