小平・西東京、東久留米・小金井・国分寺・東村山の税理士相談を承ります

小平の税理士に相談するならーはざま会計事務所ー
小平・西東京、東久留米・小金井・国分寺・東村山の税理士相談を承ります

相続・贈与・譲渡・顧問税理士・会社設立

東久留米市の相続・贈与相談

どのくらい相続税が発生するのか概算でよいので試算してほしい。

どのくらい相続税が発生するのか概算でよいので試算してほしい。

相談内容

相続相談

預貯金2500万円、株式1700万円、居住用の土地建物の固定資産税評価額が約1000万円、生命保険金は法定相続人1500万円が受け取れるよう被相続人がかけている。これを配偶者と子供2人で相続した場合、どのくらい相続税が発生するのか概算でよいので試算してほしい。


回答

税理士 間誠

概算で算出する場合でも、以下の情報が必要です。

①居住用の不動産の所在地(地番)と建物のみの固定資産税評価額及び土地の登記情報(地目・地積等)

またこの財産を配偶者が取得するのかあるいは子供が取得するのか(子供が取得する場合、以前から被相続人と同居していたのかによって、特例の有無がありますので土地の評価額が大きく変わります)

②株式は、市場性のあるいわゆる上場株式なのか非上場株式の評価を決算書のみから算出した価格なのか

③負の財産及び葬儀に伴って支払ったものはないのか。

従って、①から③の情報が揃いましたら改めてご相談ください。

-東久留米市の相続・贈与相談

© 2021 小平の税理士に相続税申告を相談するならーはざま会計事務所